ペット保険は窓口精算出来るものがいい!|犬を迎える28日前~

966216148750eb36ce8f282c63e14df8_sこんにちは~。
親戚宅から2ヶ月のシーズーをもらう予定のバビーです。

今日は、私が犬をもらうと決めてから最初に調べたこと
ペット保険についてです。

ペット保険は窓口精算がいい。高い保険料は手続き代行料だと思えばOK

私が子供の頃にはペット保険が当たり前の時代ではありませんでした。
うちで買っていた犬(ヨーキー)も病気で大きな手術をしていますし
4年前に20歳で亡くなった猫(チンチラシルバー)も手術をしています。
亡くなる前にはずっと病院に通ってどれだけお金がかかったことか…
小さくても安くないですよ。
10万超えることもしばしば。

ペットを飼うのって想像以上にお金がかかるんです。だから保険は必要!!

それに保険請求とか絶対面倒くさい。
夫の怪我の保険請求も面倒だったもんな。
だから絶対窓口精算ができるという条件は外せない。

窓口精算とは、保険証を窓口にだせば差額だけ払えばいいというもの。
保険には50%負担、70%負担など種類があるので
その差額を払うだけ。

人間と同じ!!

対応病院が近くになかったらどうしよう…と思いましたが
一番近くの病院が対応していました。(ラッキー♡)

窓口精算が出来るペット保険はここ!

●アニコム

●アイペット

この2つです。

保証内容はほぼ同じ。
70%プランで比較すると
保険料はアニコムが品種の病気リスクごとに違っていて高かったです。
【アニコム】シーズー0歳で年間48,870円
アイペットは小型~大型で3段階の違いで
【アイペット】シーズー0歳で年間32,740円

差が大きすぎて迷わずアイペットに決定。
シーズーの場合なので、品種が違えばアニコムも安くなります。
柴犬は40,660円、チワワは35,630円、トイプードル39,160円でした。

私は窓口精算出来ることを条件に探して、価格比較して決めたのでアイペットになりましたが、何を基準に選ぶのかハッキリと決めてから調べるといいですよ(^^)

関連コンテンツ&スポンサーリンク

関連コンテンツ&スポンサーリンク